パキラファクト
家庭内や作業場で癒される観葉植物での空間づくりを目指す方へ

アイビーの特徴とポイント

GREE にシェア
Pocket

アイビーの特徴は?

アイビーというのは、寒さにもとても強いですから、生垣として植えられていることも多いです。
また、アイビーは種類がとても多く、ゴールドハートやグレーシャーなどといった品種が人気になっており、品種によって班点の色が違っていたりしています。

アイビーを育てるときのポイント

アイビーは、冬以外は外で育てても良いのですが、冬は室内で育てるようにしましょう。
また、少しでも班点をはっきりさせたいのであれば、日光がよく当たる場所に置いて育てるようにすることをお勧めします。

アイビーは乾燥にとても強くなっていますから、冬はほとんど水を与えなくても生きていけます。

乾燥地帯に自生している植物ですので、あまり土に栄養がなくても成長することが出来ます。
栄養を与えすぎると、一気に大きくなりますので、あまり大きくなってほしくないのであれば、肥料は与えないようにしましょう。

GREE にシェア
Pocket